検査項目

MIRA(マイクロRNAベースの子宮内膜受容期検査)

MIRA(マイクロRNAベースの子宮内膜受容期検査)

 

マイクロRNAベースのミラ(MIRA)検査は

バイオマーカーマイクロRNAの分析で、女性の子宮内膜の受容期を知ることが出来ます。

体外受精(IVF)治療が成功する可能性を高めるために、最適な移植のタイミングを特定することが出来ます。

 

子宮内膜受容期とは?

 

子宮内膜は、胚着床の準備ができていると受容性になります。 この受容性の期間は、着床の窓( window of implantation;WOI)と呼ばれます。

MIRA

研究により、子宮内膜受容期のタイミングずれることが反復着床不全(RIF)のメインな原因の1つであり、そして10人の中に3人の患者が着床の窓はずれていることも示しています

[Timeva et al., 2014; Patel et al., 2019]

 

ミラ検査の優れる所とは?

MIRA GGA

 

なんでバイオマーカーマイクロRNAは子宮内膜受容期を検知で出来るのか?

 

マイクロRNAは、子宮内膜の受容性に関連する経路を制御できるmRNA上流の調節器であります。

MIRA miRNA

ミラ検査の対象となるのは?

 

  • 不妊治療による、体外受精を受ける予定の方。
  • 良質な胚を移植しても、なかなか妊娠しない方。
  • 移植できる胚がごく少なく、確実に子宮内膜受容期を把握してから移植したい方。

 

 

臨床的なコラボレーションにご興味ある方はこちらにお問い合わせください

你可能會感興趣
  • What's new in Materials Studio 2019

    What's new in Materials ..

  • チーム紹介

    チーム紹介