検査項目

新型出生前診断 (NIPT)

GGANIPTとは?

 

NIPT(無侵襲的出生前検査)は、母体の血液にある遊離している胎児または胎盤由来の DNA 断片を母体由来の DNA 断片とともに解析することで、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パタウ症候群)など、最も一般的、または重篤な胎児染色体コピー数多型リスクを検知する検査です。

image

NIPT は母体の血液中に従来の採血による母体血清マーカー検査に比べて、精度は高いですが、確定診断ではありません。NIPT 検査の結果がハイリスクと判定されても、実際には胎児に異常がない可能性もあるため、ハイリスクの場合には確定診断のための羊水検査を受けるのをお勧めいたします。

image

※トリソミー症は体細胞の染色体が通常より1本多く存在し、計3本になることで発症する先天性疾患群であります。

 

 

GGANIPTは具体的に次の疾患を調べることができます

 

image

GGANIPTが選ばれる理由

 

image

image

你可能會感興趣
  • 新型出生前診断 (NIPT)

    新型出生前診断(NIPT)

  • 妊娠中毒症スクリーニング

    妊娠中毒症スクリーニング

  • 脆弱X症候群スクリーニング

    脆弱X症候群スクリーニング

  • SNPアレイ流産物質解析

    SNPアレイ流産物質解析

  • ダウン症検査

    ダウン症検査